スズメバチの巣を駆除する場合は細心の注意を払いましょう

方法も相談できる

男性

害獣駆除には、鳥獣保護の法律が関係します。そのため、無暗な害獣駆除での捕獲や殺処分には法的な罰が下ることもあります。害獣駆除については、専門の業者を利用することがオススメです。害獣の種類で、駆除での殺処分ができる場合や、できない場合もあるので専門業者で対応してもらう方が確実で安心なのです。例えば、害獣駆除としてコウモリを駆除する場合において、コウモリは病気を媒介するユスリカなどを食べる益獣である側面もあるため殺すことは許可されていません。そのため、コウモリの駆除は撃退のみです。追い払い、家を再度住み家にしないように侵入経路を塞ぐことになります。他の生き物も、駆除の際には殺さずに逃がす対応をする場合も多くあります。上手く害獣駆除をすることで共存することもできるかもしれません。人里に降りてきているイタチなどは捕獲後に川の近くや山など生息する環境に適した場所に放されることもあります。一概に害獣駆除といっても殺さずに対応することも数多くあるのです。可哀想だからと無理に我慢することはなく、対応方法を相談に乗ってくれる業者もいるので、より安全で納得のできる対処方法を選ぶのも良いでしょう。まずは複数の業者で無料見積りや、事前相談を行なって、対処方法や価格などで一番良い業者に依頼してはいかがでしょうか。使う薬剤のタイプや希望を伝えて、適切な駆除を行なうことができることもあるので、信頼できる業者をしっかり選んで依頼することが失敗しないポイントです。