スズメバチの巣を駆除する場合は細心の注意を払いましょう

安全な駆除は業者で

悩む女性

ドブネズミやクマネズミは猫と見紛うほどに、大きなサイズをしています。しかもドブネズミはかなり凶暴です。ねずみ駆除しようとして噛まれるケースもあります。小さな子供がいる家庭では、子供が噛まれるケースもあります。噛まれると鼠咬症を発症する恐れもあり、その症状は嘔吐や発熱、麻疹などを引き起こします。他にもネズミはさまざまな病原菌を媒介するため、早めのねずみ駆除を検討した方が良いでしょう。中性フランスを恐怖に叩き落とした黒死病(ペスト)も、チフスもネズミが媒介する病気です。さらに早めにねずみ駆除しないと家中がネズミの糞尿で悪臭と衛生環境の劇的低下が懸念されます。ネズミは移動しながら糞尿を撒き散らすので、移動経路は糞尿で黒光りする程です。ネズミの侵入判断は、この特性によるところもあり、とても容易いです。ネズミがいそうな場所の暗がりにライトを当てれば、蛍光塗料のように糞尿が光るので暗がりでも判断がしやすいでしょう。屋根裏や家の壁の中などで試してみると良いでしょう。ねずみ駆除を行なうのであれば、業者で依頼するのがオススメです。まず、確実に捕獲、殺処分して死骸から糞尿まで片付けてもらえます。撒き散らされた糞尿にも多くの雑菌や病原菌がいるため、殺菌消毒をすることが必要になります。業者依頼なら、自分で掃除するより、安全でキレイで衛生的です。価格は業者によって異なるので、複数の業者で見積り依頼をしてもらって決めると良いでしょう。